ipadのアプリ開発は専門会社にお任せ|目的意識を明確にする

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

公開されるまでの流れ

アプリ

androidは今までの携帯の機能を引き継いでいるスマホです。他の製品では電子決済をするにも専用のアプリをインストールしなければいけませんし、テレビを見ることもできません。しかし、androidはすでに電子決済やテレビを閲覧するための機能が搭載されているので無駄にアプリをインストールしなくても良いのです。また、androidには数多くのアプリがあるのですが、アプリの開発に携わっているサポート会社に相談するとオリジナルのアプリを作ることができます。

androidのアプリを開発する際、まずはサポート会社と打ち合わせを行ないます。搭載する機能や仕上がりイメージ、完成までの予算などをしっかりと話し合いながら決めていき、アプリの詳細を確認、検討していきます。そして、打ち合わせが終了すると見積もりや具体的な企画案を考え、開発の発注と契約を行ないます。契約をする際、提示された見積もり書をしっかりと確認して、不安なことや変更したい点などがあればすぐに伝えるようにしましょう。契約を結んでからは本格的に設計やデザインを進めていきます。この段階では開発画面やデザイン、データベースといった設計を中心に行ない、設計書や画面遷移図などを作成していきます。設計書が完成した後はそれを元に開発、実装、テストなどが行なわれ、バグの確認や動作確認を行なって、テスト報告書が作成されます。テストの段階で特に問題がなければ開発作業は完了し、審査を通して一般ユーザーに公開されていきます。このような流れを知っておけば、初めての開発でもスムーズに作業が進むでしょう。